窓にセコムのあんしんガラスを利用してしっかり防犯

家を守るには、防犯というものが欠かせないのですが、しっかりとした防犯というのは、セコムに加入することで、どんな可能になります。

 

特に家を守る際に、重要になるのが窓の存在です。窓というと、泥棒などの侵入者が家に入る際に、真っ先に狙うところです。

 

なので、窓をしっかりと守るということが重要になるのですが、ちょっとした格子を付けるくらいでは、プロの手にかかれば、簡単に格子を外して家の中に侵入されてしまいます。

 

特に普通の窓ガラスを使っていると、専門の器具などを使用して、音もなく窓ガラスを破壊して、鍵を開けて家に侵入することもできるのですが、セコムでは、窓の警備にもしっかりと重点をおいていて、「破らせない」、「入らせない」、「いざという時には駆けつける」ということをキャッチフレーズに窓の警備を行っています。

 

セコムで使用する窓には、「SECOMあんしんガラス」が使用されます。このSECOMあんしんガラスは、セコムが独自に開発したガラスで、破るのにも時間がかかり、さらに破壊する際には大きな音が出るようになっています。

 

そして、実際に破られそうになった際には、すぐにガラスについたセンサーから、セコムに連絡がいくようになっています。なので、このSECOMあんしんガラスを利用することで、窓を侵入者から守ることができるのですが、加えて、SECOMあんしんフィルムや、セキュリティ面格子を利用すると、何重にも渡って窓を守ることができます。

 

それぞれ料金が別途にかかってしまいますが、しかし、窓というのは、家に侵入する為に最も狙いやすいものでもあるので、まずは、防犯の第一歩として窓をセコムで守っていくというのが非常に重要になります。